黒毛和牛の名産地・歴史をご紹介【最高級のお肉なら宮田精肉店におまかせ】

どこが有名?黒毛和牛の名産地!

① ブランド和牛の素牛生産で有名な宮崎県「宮崎牛」

宮崎県は、もともと宮崎牛がブランド化される以前から、他県でブランド和牛として肥育される素牛(子牛)の生産が盛んでした。

宮崎生まれの子牛は、良質な肉質を持つ系統の遺伝子を持っており、肉質には定評があり、とくに黒毛和牛の素牛生産は全国的にも有名で、全国各地の黒毛和種の多くは、宮崎県産の素牛を肥育することで生産されています。

その良質な素牛を地元・宮崎の大自然の中で育成できる取り組みを始めたことが、宮崎牛ブランドのスタートです。

②  伝統あるブランド牛を生んだ三重県「松阪牛」

三重県の松阪地方では、農作業の機械化が進む前の時代、牛に農機具を引かせて田んぼを耕したり、荷物を運んだりと力仕事を目的とした役牛として育てられていました。

ところが、明治時代になり外国文化の影響から牛肉を食べるようになったため、役牛の一部が食用として消費されはじめました。それがきっかけで、次第にその支持と販路を広げ、肥育技術の向上により現代の松阪牛が生まれました。

③ 歴史的な知恵を生かされている北海道「白老牛」

白老牛の歴史は昭和29年から始まります。白老町は、気象や土壌の関係から畑作農業に適さない地域で酪農を始めようにも良質な飼料が育たず、限られた産業が営まれていました。そんな中、同じような土壌と気候風土である島根県で黒毛和牛の生産が盛んであることに着目し、1954年に島根県から黒毛和種を導入。

白老町はアイヌ民族の文化が根強く残っており、肥育においても牛の身体に良いものを食べさせる知恵から黒毛和種の導入を成功させ、現在の白老牛が生まれたのです。

宮崎牛・松阪牛を取り扱う創業100年の老舗宮田精肉店をご紹介!

宮崎牛や松坂牛の通販・お取り寄せ・ギフトなら創業百年の宮田精肉店

宮田精肉店は、創業100年の歴史を持ち、日本最高峰の目利きと自負する精肉店です。

仕入れやカット方法にこだわっているのはもちろん、A5ランクなどの格付けに惑わされず、長い年月で培われた職人の目で本当に美味しい肉を厳選しています。

さらに、脂の融点が36℃の人肌に近い月齢28ヶ月〜31ヶ月の雌牛に限定するなどの徹底ぶりで、ほかでは味わうことのできない黒毛和牛がそろっています。

丸忠商店では、全国の皆様にを「宮田精肉店」謹製 黒毛和牛入りハンバーグを簡単に食べられるミールキットにして通販しております!

通販サイトはこちら

https://www.maruchu-smile.com/?pid=159446347

Maruchu Smileが自信をもってお出しする、創業100年の老舗精肉店「宮田精肉店」謹製 黒毛和牛入りハンバーグを使ったミールキットをご紹介します。

【ミールキット】とは、レシピと食材がセットになったアイテムで、新鮮な野菜や肉などの食材が必要な分量だけ入っています。

【詳細】・・・

丸忠商店厳選の愛知県三河一色産炭火焼うなぎの白焼きと、創業100年の老舗精肉店「宮田精肉店」謹製 黒毛和牛入りハンバーグ

国産黒毛和牛をベースに国産豚を黄金比(7:3)で合わせたジューシーに仕上がるハンバーグはALL国産。ソースはフランスロワール地方の伝統的な郷土料理、うなぎの赤ワイン煮<マトロットタンギーユ>で使われる 仔牛と香味野菜でとったフォンドボーと赤ワインを煮込みバターで仕上げました。グリル野菜ミックスとケーニーズのハイジパンと、ハードロールクッペも一緒にお楽しみください。

時短で、とっても簡単に贅沢料理が自宅で作れちゃう!気分はもう、5つ星レストランの一流シェフ!!

ぜひ、ご賞味下さい!